ブログパーツ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-05 00:00 | カテゴリ:音楽
Eagles - Hotel California555

EaglesのHotel Californiaは1976年の作品で
ビルボード全米チャート第1位を獲得している。
今でも街なかで流れているので
誰でも1度は聴いたことがあると思う。
アメリカン・ロック史に残る名曲であることは間違いない。

管理人が夏の終わりに聴きたくなる1曲だ♪


↓続きをみる前にこちらをポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ




On a dark desert highway,
Cool wind in my hair,
Warm smell of “colitas”
Rising up through the air,
Up ahead in the distance
I saw a shimmering light,
My head grew heavy and my sight grew dim,
I had to stop for the night.
There she stood in the doorway,
I heard the mission bell
And I was thinkin’ to myself :
“This could be heaven and this could be hell”
Then she lit up a candle,
And she showed me the way,
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
(Such a lovely place)
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California,
Any time of year,
(Any time of year)
You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted,
She got the Mercedes Bends,
She got a lot of pretty, pretty boys
she calls friends
How they dance in the courtyard,
Sweet summer sweat
Some dance to remember,
Some dance to forget

So I called up the Captain
“Please bring me my wine”
He said, “We haven’t had that spirit here
Since nineteen sixty-nine”
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say:

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
(Such a lovely place)
Such a lovely face
They’re livin’ it up at the Hotel California,
What a nice surprise,
(What a nice surprise)
Bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice, and she said:
“We are all just prisoners here,
Of our own device”
And in the master’s chambers
They gathered for the feast,
They stabbed it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

Last thing I remember, I was running for the door,
I had to find the passage back to the place I was before,
“Relax,” said the night man, “We are programmed to receive,
You can check out anytime you like… but you can never leave”

ホテルカリフォルニア(Hotel California訳詞)

夜の砂漠のハイウェイ

涼しげな風に髪が揺れて

コリタス草の甘い香りがあたりに漂う

はるか遠くに、かすかな光が見える

僕の頭は重く、目の前がかすむ

どうやら、今夜は休息が必要だ

礼拝の鐘が鳴ると

戸口に女が現れた

ここは天国か  それとも地獄か

僕は心の中でつぶやいた

すると、彼女はロウソクに火をともし

僕を部屋まで案内した

廊下の向こうで こう囁きかける声がした

ホテル カリフォルニアへようこそ

ここは素敵なところ

(そして素敵な人ばかり)

ホテル カリフォルニアは数多くの部屋をご用意して

いつでもあなたの訪れを待っています



彼女の心は砂の様に微妙で

メルセデスのように優雅な身のこなし

彼女が友達と呼ぶ美しい少年たちは皆恋の虜だ

中庭では、人々が香しい汗を流して

ダンスを踊っていた

思い出を心に焼き付けようと踊る人もいれば

すべてを忘れるために踊る人もいる



『ワインを飲みたいんだが』と

ボーイ頭に告げると1969年からと言うもの

ワインは一切置いてありません、と 彼は答えた

深い眠りに落ちたはずの真夜中でさえ

どこからともなく、僕に囁きかける声が聞こえる



ホテル カリフォルニアへようこそ

ここは素敵なところ

(そして素敵な人ばかり)

どなたも人生を楽しんでらっしゃいます

アリバイでも作って、せいぜいお楽しみください

天井には鏡を張り詰め

氷の上にはピンクのシャンペン

『ここにいるのは自分の意思で

ここに囚われの身となっている人たちばかり』

と、彼女は語る

やがて、大広間では祝宴の準備が整った

集まった人々は、鋭いナイフを突き立てるが

心の野獣は誰にも殺せない

最後に覚えているのは

出口を求めて走り回る自分の姿

元の場所に戻る通路が

どこかにきっとあるはずだ

すると、夜警が言った

『落ち着きなさい

我々はここに住み着く運命なのだ

いつでもチェックアウトは出来るが

ここを立ち去る事は出来ない
関連記事
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:洋楽歌詞対訳
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aoiumidesu.blog89.fc2.com/tb.php/1149-4e7eadca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。