ブログパーツ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-15 13:42 | カテゴリ:スポーツ
PhotoFunia-26b2c9_convert_20120615134036.jpg

NBAプレイオフファイナル2011-2012 GAME2は
マイアミヒートが100-96で勝利。
ヒートのディフェンスに第3Qまでサンダーらしいバスケットができず
第4Qに猛追をみせるが、タイムアップ。
残念・・・・。


ファーストブレイクは第3Qまで、ヒート10に対しサンダー1
速攻での得点がヒートは20点、サンダーは2点!と言うことになる。
ファーストブレイクを敵にやられると言うことは、シュートで終わってない、
ターンオーバーの数が多いことを意味している。


サンダーのポイントガード、ウェストブルックがボールを持ちすぎて、
ターンオーバーや、強引にシュートをして外す場面が多く、イライラ・・・。
デュラントを活かせてない。
ポイントガートならゲームコントロールをしないといけないが、
「俺が決めてやる!」と、気持ちが前に出すぎているのか
ゲームコントロールができていなかった。
チェンジオブペース(早くしたり、遅くしたり)で流れを変える工夫が必要だ。
場面によって変化させないと、相手のペースで終始試合をすることになる。
それから、ボールと人が早く動くバスケットをしないと、
ヒートのディフェンスを崩すのは難しいだろう。
GAME3までに修正しないと、マイアミでファイナイルを終えるのは間違いない。


若いチームのサンダーが、GAME3以降どのように進化するのか楽しみだ。

↓こちらをポチっとお願いします
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
関連記事
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:NBA
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aoiumidesu.blog89.fc2.com/tb.php/1341-8f898131
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。