ブログパーツ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-06 14:17 | カテゴリ:ニュース
特定秘密保護法案

特定秘密保護法案とは、日本の安全保障に関する情報のうち「特に秘匿することが必要であるもの」を「特定秘密」として指定し、取扱者の適正評価の実施や漏洩した場合の罰則などを定める法案だ。
元々はアメリカからの要請だったが、政府や官僚にも都合のよいものだったので彼らがそこに便乗し、強引に推進している。

◎なぜアメリカが日本政府に要請したのか?
■米国の軍事機密漏洩の防止
自衛隊の米軍の下請化が目的のようだ。
自衛隊が米国の指揮下に入り、共同オペレーションをする。その時に、米軍と同等の軍事機密が必要になる。
■TPP交渉の妥結のため
アメリカ側にとって利益があり、日本側には不利益しかないTPPの実態を隠し通したいアメリカが、日本への圧力レベルを格段に上げてきた。

◎日本政府が便乗した理由は?
■秘密保護法は、政府や官僚にとって都合の悪い者を微罪で検挙できる恰好の武器となる。
官僚は「特定秘密保護法」によって公然と自らの権限行使に都合の悪い事項を「特定秘密」に指定し世論や国民からの批判を免れることができる。国民や世論からのコントロールが効かなくなれば、官僚権力の肥大し誰も官僚に楯突くことができなくなる。


本木雅弘主演のTBS系ドラマ「運命の人」のモデルになった西山事件は、1971年の沖縄返還協定にからみ、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となったが、この事件の本質は、日本政府とアメリカ政府の間に密約があったことだ。
特定秘密保護法って聞くと、「運命の人」を思い出してしまう(笑)


中国や北朝鮮などの秘密が多い社会主義国は、居心地が悪そうだw
日本もそうならないかと危惧するところだ。

↓こちらをポチっとお願いします
人気ブログランキングへ人気ブログをblogramで分析

Twitter Button from twitbuttons.com
関連記事
【ジャンル】:ニュース 【テーマ】:気になるニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。